楽しく生きる

IMG_2485

私が担当させて頂いている笑恵館クラブの「笑恵館だより」は写真も担当させて頂いております。

撮影の際に「一緒にいかが?」とふいに誘われ、一般社団法人「これから楽交」に参加させて頂きました。

「生きることは、逝きること」楽しく生きて気楽に逝くだなんて、面白い発想だなぁ〜。と思いつつ。

その時はお花を生けたのですが、講師にNPO環〜WAの力徳裕子さんをお招きして、荒れた山から「駆除」した竹や、選定した桜の木の枝などを、剣山などを使わずに「投げ入れ」で生けると言う面白いものでした。

「生け花」より、こちらのほうがおおざっぱな私には性に合ってるらしく(笑)ポイポイと投げ入れて自然体の生け花の出来上がり。

「自然美」なので、何も考えずに出来るのが良いところ。参加者みんな同じ素材を使っていたのに、みんな違う「自然」。

これが「自分らしさ」と結びつくとは、実に面白いです。

またNPO環〜WAさんは、気仙沼・大島でもイベントをしていたようで不思議なご縁も頂戴しました。

東京、横浜でもお目見えします!

image

制作したのはもう3年前でしょうか。

震災直後の当時を振り返ると、「工場が復旧する、しない」のなか、1年以上かけてデザインのみ制作進行しておりました。

取扱店は気仙沼市内のみでしたが、この缶詰がバイヤーさんの目に止まり、東京の秋葉原の「ちゃばら」にて販売する事になったというのです!

また、横浜のラーメン博物館にも催事で1カ月置いていただけるとのこと。

バイヤーさんのお話では、缶詰のデザインが目に止まり買ってみたら美味しかったからとのこと。

これは制作サイドとしても嬉しい話です。

デザインが人と人を結ぶ接着剤の役目を果たせたこと、また、それがこの世の中に広がるとのこと、我が子が頑張っているような親心があり感無量です。

これから、制作物が世の中に広がる事の嬉しさとともに、責任を持ってお客様にサービスをご提供できるよう日々頑張りたいと思います。

いつのまにか。。。

IMG_2314

 

なかなか更新出来ていなかったHP。

怒濤のように過ぎていきなかなか手につかず、10日に一度の更新が滞っておりました。我ながら反省です。。。

駆け足のように過ぎた日々、多くの出来事が起こり、感謝の日ばかりです。

1月はおかげさまで20日には1周年を迎え、更には公益法人・笑恵館の幹事として任命して頂けました。編集長をさせていただいている、笑恵館クラブの「笑恵館だより」もこれからは会員向けから一般向けに移行していきますので、多くの皆様のお目にかかるよう写真撮影も含め、日々精進して行きたいと思います。

また、目黒区における、中目黒村の中目黒マルシェのプロデュースを一任させて頂いた事、心より感謝しております。今後こちらの方も何かしらで作品が産まれてくると予想されますので、今後ともよろしくお願い致します。

社長さん会でも、多くのご縁を頂けた事、心より感謝しております。また参加していきたいと思います。

2年目も変わらずよろしくお願い致します。

小山祥子